04-7143-5331

虫歯治療

虫歯になってしまった歯でも、一度、完璧に治し、その後は、良い状態を生涯維持して頂くことが、最も大切だと思います。そして、可能な限り「痛くない」「削らない」「神経を残す」治療の実践。虫歯の治療に「痛み」はつきもの、確かにこれまではそうでした。しかし、今や歯科医療も格段の進歩を遂げ、可能な限り痛くない治療が可能となりました。当院が実践している可能な限り痛くない治療を下記にご紹介します。

 


Step1表面麻酔

多くの方が嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。必要に応じて表面麻酔剤を使用いたします。

 

Step2「極細の針」を使用

針は細ければ細いほど痛みは小さくなります。当院では極細の針を使用しているのでほとんど痛みを感じることはありません。下の針が一般的なもの。上の針が当院で利用している極細の針です。



Step3 経験とテクニック

針を動かすのではなく歯肉にテンションをかけ、針に粘膜をかぶせる手法を活用し、可能な限り痛みの出ない工夫を実践しています。

 

その他 笑気ガス

歯医者嫌いのお子さんや、歯科恐怖症の方のために、当院では「笑気ガス」という方法もご用意しております。恐怖心が薄れ、ふんわりした状態で治療が終了いたします。当院では初診カウンセリングを行っておりますので、その際に担当者にその旨をお話し下さい。ゆっくり、あなたのペースで治療を進めていきましょう。



ニコ歯科クリニック式-可能な限り「削らない」「歯を残す」虫歯治療

一度歯を削ると、詰め物や被せ物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。天然歯に勝る歯はこの世に存在しません。当院では一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送って頂きたいと考えております。だからこそ可能な限り「削らない」虫歯治療にこだわるのです。ここからはどのようにして、可能な限り「歯を削らないで治療できるのか」をご紹介します。



こだわり1 視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では「拡大鏡」というものを利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然だと思います。



こだわり2 虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分を完全に除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして正確に除去することはできません。しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。



こだわり3 歯を削る量を最小限にできるCR(コンポジットレジン)治療
CR治療とは、浅い虫歯治療で利用され、通常の「詰め物」よりも歯を削る量を最小限に抑えることができ、かつ、素材の色が「歯の色に馴染む白色」ですので、治療箇所がほとんど目立ちません。また、このCRは歯に詰め込む段階では「ゲル状」になっていますので(特殊な光を当てると固まります)、最初から「硬い」詰め物と比べ、歯の「隙間」をほとんど生じさせないで詰めることができます。通常の「硬い」詰め物ですと、どんなに時間をかけて詰めても、ミクロン単位ではどうしても「隙間」が生じてしまい、その部分から虫歯菌が入り込み、虫歯が再発してしまうことがあるのですが、CRはその性質上その可能性をなくすことができますので、「虫歯が再発しにくい」という特徴も併せ持ちます。診療時間も1回15分程度で済み、保険適用ですので、1本900円から1000円の費用で治療を受けられます。

Before

After


虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているものですね。これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。当院では患者さんのお口の状態、お好みなどをお伺いし、適切な素材を複数ご提案し、最終的には患者さんに判断して頂く方針をとっています。