水無月

スタッフブログ

明日は『夏越の祓(なごしのはらえ)』です。1年のちょうど折り返しに当たる6月30日に、日々の暮らしの中で、知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢れ(けがれ)を祓い(はらい)清め、無病息災を祈る各神社で行われる日本の伝統行事です。

『夏越の祓』では、色々な厄払いをしますが、京都では伝統的な和菓子『水無月』を食べて厄払いをします。

現在の暦では、6月はまだ夏の直前の月のように感じますが、旧暦の6月は夏の終わりの月とされていました。

冷房も冷蔵庫もない時代に蒸し暑くなるこの季節は、しばしば病気が流行りました。

室町時代の宮中では、冬にできた氷を氷室に貯蔵しておき、それを口にして夏を健康に過ごせるよう祈る『氷の節句』がおこなわれてきました。しかしながら庶民にとって氷は高嶺の花でした。

そこで削りたての氷をイメージした白の外郎生地に、厄よけの小豆をのせ三角形に包丁を入れた和菓子『水無月』を食べてエネルギーを補給し、厄よけをしていたのです。
今では、暑気祓いというと『ビールで乾杯』が定番ですが、たまには500年前にタイムトラベルして、当時のことを想像しながら和菓子をいただくのも風情があって粋ではないでしょうか✨

ただ、甘いものを食べたあとにはきちんと歯を磨くことをお忘れなく~❗
お口のことで何か不安がありましたら、ニコ歯科クリニックへご相談くださいね?
                                                   院長 児玉

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧